米歌手クリストファー・クロスさん、神経疾患で一時まひ コロナ原因か

歌手のクリストファー・クロスさんが、コロナによるとみられる神経疾患に罹患/Scott Dudelson/Getty Images

歌手のクリストファー・クロスさんが、コロナによるとみられる神経疾患に罹患/Scott Dudelson/Getty Images

(CNN) 米歌手のクリストファー・クロスさん(69)が、春に新型コロナウイルスに感染した後、コロナが原因とみられる神経疾患で一時的に体がまひしていたことを明らかにした。

クロスさんは今週末に放送予定の米CBSテレビのインタビューで、自身と交際相手が新型コロナに感染した後の時期に言及。一時は「神に助けを求める」ほど追い詰められていたと明かした。

クロスさんによると、2人が検査で陽性と判定されたのは、旅行先のメキシコ市から帰国した後のことだった。

3週間ほど体調不良が続いたが、4月に入り具合が良くなったと感じたことから買い物に出かけた。ところが帰宅した直後、足が言うことを聞かなくなった。

医師の診察を受けたところ、神経が免疫系によって攻撃されるまれな神経疾患「ギラン・バレー症候群」と診断された。新型コロナに感染したことが原因とみられている。

「これまでの人生で最悪の10日間だった」とクロスさんは振り返る。「歩くことはおろか、ほとんど動くこともできなかった。私にとって最も暗い時期だったのは間違いない。本当に危うい状態だったし、タフな経験だった」

クロスさんは「風立ちぬ」や「セイリング」などのヒット曲で知られる。「私は大物セレブではないけれど、皆さんに自分もこの病気に感染しうると知ってもらうことは重要」と語り、一種の義務感から、コロナの深刻さやマスク着用の必要性を伝えることにしたと明かした。

クロスさんは今も回復に苦しんでいる。言語能力や記憶力が影響を受け、ようやく車いす生活から杖(つえ)を使った歩行に移った段階だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]