米HBO Max、「風と共に去りぬ」を配信作品から削除 「時代背景」の説明付きで復帰へ

米HBO Maxが「風と共に去りぬ」を配信停止

ニューヨーク(CNN Business) ストリーミングサービスの米HBO Maxは11日までに、往年のハリウッド映画の名作「風と共に去りぬ」を、配信する映画のライブラリーから削除した。時代背景として作中に表れる黒人や奴隷制の特定の描写について、新たに説明を加えたのちに復帰させる予定だという。

現在米国では、人種間の不公正を糾弾する大規模な抗議デモが全土で行われている。黒人男性が白人の警官に首を押さえつけられて死亡した事件が発端だった。

1939年公開の「風と共に去りぬ」は、南北戦争時代を生きた主人公スカーレット・オハラとレット・バトラーとの恋愛を描く。映画史上に残る不朽の名作との呼び声が高く、過去に作られた映画で最も人気を集めた作品の1つともされる。

一方で作中における奴隷制やアフリカ系米国人の描写は、公開から数十年にわたって強い批判の対象であり続けてきた。

ワーナーメディア傘下のHBO Maxの広報担当者はCNN Businessの取材に答え、「風と共に去りぬ」について、制作された当時の民族的、人種的偏見が描かれていると指摘。「残念ながらそうした偏見は米国社会に当たり前に存在している」との見解を示した。

そのうえで「これらの人種差別的描写は当時も現在も不適切なものだ。当社としては、該当する描写への説明や非難もなく同作を視聴可能な状態にしておくのは無責任だと考えている」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]