シドニーの大みそか花火大会、実施へ 森林火災中の開催に批判

シドニーで毎年開催される大みそかの年越し花火大会。写真は前回大会のハーバーブリッジとオペラハウス/Peter Parks/AFP/Getty Images

シドニーで毎年開催される大みそかの年越し花火大会。写真は前回大会のハーバーブリッジとオペラハウス/Peter Parks/AFP/Getty Images

(CNN) シドニーで毎年大みそかに開催される花火大会の中止を求める嘆願書に25万人以上が署名したが、オーストラリア当局は予定通り花火大会を開催する方針だ。

オンライン署名サイト「チェンジ・ドット・オーグ」には、花火大会の予算は森林火災の消火活動に充てるべきだとの嘆願ページが立てられた。30日朝の時点で27万人以上の署名を集めている。

シドニー市に対する花火大会中止の圧力はここ数週間、徐々に高まっている。シドニーを州都とするニューサウスウェールズ州は、長期化する火災シーズンの影響を最も強く受けており、同州地方消防局(RFS)によると、状況は向こう2日間でさらに悪化する見込みだという。

シドニー市のムーア市長は、花火大会は15カ月前から予定されており、予算の大半はすでに観客の安全対策や清掃などに使われたとし、大会は予定通り開催すると述べた。またシドニー市の花火大会主催者も、大会を中止しても被災地域への実益はほとんどなく、逆にシドニーの企業が甚大な損害を被ると主張する。

シドニー西郊のビルピンで民家近くで延焼が続く森林火災=今月19日/David Gray/Getty Images
シドニー西郊のビルピンで民家近くで延焼が続く森林火災=今月19日/David Gray/Getty Images

一方、花火大会を中止すべきとの意見もある。

ニューサウスウェールズ州のジョン・バリラロ副首相は30日、「(花火大会開催の)リスクは極めて高く、疲弊しているRFSの消防隊に敬意を表さなくてはならない」とツイッターに投稿。地域で花火大会が禁止されるなら特例を作らず、市民が一丸となってこの危機に立ち向かうべきだと主張した。

これに対し、モリソン豪首相は、花火大会は開催すべきとの見解を示した。

モリソン首相は、大みそかには全世界がシドニーに注目するとし、国が困難に直面している今こそ、オーストラリアがいかに前向きな姿勢でいるかを世界に示す絶好の機会だと述べた。

なお、同国首都キャンベラで開催予定だった花火大会は、全面的な火気禁止の措置を受け中止となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]