「マトリックス」4作目の制作決定、再びキアヌ・リーブス主演

映画史塗り替えた特殊効果、「マトリックス」第1作

(CNN) キアヌ・リーブスが主演する米ワーナー・ブラザーズのSF映画「マトリックス」シリーズ4作目の制作が、来年から始まる見通しだ。

脚本・監督を務めるのはラナ・ウォシャウスキー。姉妹のリリーと共に、これまでの作品を手がけていた。

リーブス演じるネオは、人類がマトリックスと呼ばれる仮想現実の世界に閉じ込められていることに気付いた人物という設定。キャリーアン・モス、ローレンス・フィッシュバーン、ヒューゴ・ウィービングらが共演する。

第1作は1999年に公開されて大ヒットを記録、続編の「リローデッド」と「レボリューションズ」が2003年に公開された。

リーブスは映画「ジョン・ウィック」シリーズも連続ヒットさせている。米映画館チェーンのAMCシアターは、マトリックスの20周年を記念して、8月30日から1週間にわたって同作品を上映すると発表していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]