「ムーラン」主演女優、香港警察を支持 デモ隊はボイコット呼び掛け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディズニー映画「ムーラン」の実写版に主演するリウ・イーフェイさん/Stephen Tilley/Walt Disney Studios

ディズニー映画「ムーラン」の実写版に主演するリウ・イーフェイさん/Stephen Tilley/Walt Disney Studios

(CNN) ディズニー映画「ムーラン」の実写版で主演を務める中国生まれの女優、リウ・イーフェイ(劉亦菲)さんが15日、香港の反政府デモを巡り警察への支持を表明した。デモ隊は警察による過剰な実力行使を批判しており、リウさんの発言を受けて映画ボイコットを呼び掛ける声が出ている。

リウさんは中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」への投稿で、「香港警察を支持する。皆で私を批判しても構わない。香港にとって残念なことだ」と書き込んだ。

これに対し、中国で禁止されているツイッターでは、直ちにムーランのボイコットを呼び掛けるハッシュタグが登場。数時間後には香港と米国でトレンド入りした。ユーザーはリウさんが警察の蛮行を支持していると批判し、リウさんが米国籍保有者である事実を指摘した。

ユーザーの1人は「リウは米国籍を取得済みだ。それは結構だが、彼女は民主主義を求める人々をばかにしている」とツイートした。

一方、ウェイボーでは称賛が相次ぎ、リウさんの投稿に付いたコメントはほぼ全て香港警察や中国政府を支持する内容だった。

コメントの一つには「政府を信じよう。中国の中央(政府)を信じよう。国を信じよう」と書かれている。

香港のデモは容疑者の本土引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案への反対が発端となった。6月に始まった当初はおおむね平和的だったが、このところ暴力性が増し、警察との衝突が頻発している。

デモに言及した中国の有名人はリウさんだけではない。香港出身のアクション俳優ジャッキー・チェンさんは15日、中国中央テレビのインタビューで平和を呼び掛けた。標準中国語で「どこにいても中国人であることを誇りに感じる。5つの星が入った赤い国旗はどこでも尊重される」とも語り、ツイッターではジャッキーさんの発言内容が国家主義的だと批判が寄せられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]