モディリアーニの裸体画に予想落札額163億円、芸術作品で史上最高

163億円の予想落札額がついたモディリアーニ作の裸体画

163億円の予想落札額がついたモディリアーニ作の裸体画

(CNN) 競売大手サザビーズは24日までに、イタリアの画家モディリアーニが1917年に描いたフランス人女性の裸体画の予想落札価格について、芸術作品では史上最高の1億5000万ドル(約163億円)を超える値が付いたと発表した。

印象派とモダンアートの作品を対象とする当該のオークションは来月14日に開催される。予想落札価格のこれまでの史上最高額はピカソの1955年作「アルジェの女たち」に付いた1億4000万ドル。

今回出品されるモディリアーニの裸体画は、体の左側を下にして横たわる女性が背中を正面に向けつつこちらを振り返っているというもの。モディリアーニは1917年、パリのギャラリーで開いた最初で最後の個展で初めて裸体画の連作を発表したが、この個展は作品に陰毛が描かれていることを警察が問題視したために数時間で中止に追い込まれたとされる。

モディリアーニが描いた横たわった女性の裸体画は全部で22。上記の作品は9つある個人所有の作品の1つだ。現在のオーナーは2003年に同作品を2690万ドルで購入した。

前出のピカソの作品は1億7900万ドルで落札された。芸術作品としての落札時の史上最高額は、イタリアの巨匠レオナルド・ダビンチの絵画「サルバトール・ムンディ」(世界の救世主)が17年に記録した4億5000万ドル。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]