米俳優ロビン・ウィリアムズさん死去 自宅で自殺か

米俳優ロビン・ウィリアムズさん死去

(CNN) コメディー映画で活躍した米俳優のロビン・ウィリアムズさんが11日、米カリフォルニア州北部の自宅で死去した。63歳だった。捜査当局が明らかにした。

同州マリン郡の保安官事務所によれば、ウィリアムズさんは自殺した可能性があり、検視を行って死因などを調べている。

同日午前11時55分ごろ、ウィリアムズさんの自宅から通報を受けて捜査員が駆けつけたときには、ウィリアムズさんは呼吸停止状態で意識を失っていた。同日午後0時2分、死亡が確認されたという。

広報担当者によれば、ウィリアムズさんはこのところ、重いうつと戦っていた。この夏も含めて少なくとも2度、薬物治療のためリハビリ施設に通院し、2009年には心臓手術を受けていた。

ウィリアムズさんは1951年7月21日にシカゴで生まれた。74年のテレビドラマ「ハッピーデイズ」で宇宙人の「モーク」を演じ、スピンオフ作品の「モーク&ミンディ」でコメディー俳優としての頭角を現した。97年の映画「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」でアカデミー助演男優賞を受賞している。

2011年にウィリアムズさんと結婚したグラフィックデザイナーのスーザン・シュナイダーさんは代理人を通じ、「私は夫と最高の友人を失った。世界は最も愛された素晴らしい人物を失った」と追悼談話を発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]