白血病の少年が「バットキッド」に 夢かなう 米

白血病の少年がスーパーヒーローに!

(CNN) バットマンにあこがれる少年が、スーパーヒーロー「バットキッド」に変身して街を救う――。米ボランティア団体が15日、白血病と闘う5歳児の夢をかなえ、舞台となったサンフランシスコは街を挙げてこれに協力した。

カリフォルニア州北部のオレゴン州境近くに住む幼稚園児のマイルス・スコット君は生後1年8カ月で急性白血病と診断され、つらい治療に耐えてきた。家族によれば、今年6月の化学療法以降、回復した状態を維持している。バットマンを熱烈に愛するマイルス君の夢をかなえようと、難病の子どもたちを支援する団体、メイク・ア・ウィッシュのサンフランシスコ支部が立ち上がった。

1万2000人を超えるボランティアの協力で、サンフランシスコはこの日、バットマンの舞台、ゴッサム・シティに早変わりした。マイルス君は「かっこいいバットマンの衣装を買おう」とだけ告げられ、家族とともに市内のホテルに到着した。

朝一番に、サンフランシスコの警察本部長がバットマンと少年ヒーロー、バットキッドの助けを求めているという速報が入った。マントとマスクに身を固めてバットキッドに変身したマイルス君は、バットモービルに取り付けたチャイルドシートに乗り込み、秘密基地バットケイブに見立てたホテルの駐車場から出動した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]