マイケル・ジャクソンさん長男、TVリポーターに初挑戦

故マイケル・ジャクソンさんの子どもたち。右からプリンス、パリス、ブランケット

故マイケル・ジャクソンさんの子どもたち。右からプリンス、パリス、ブランケット

ロサンゼルス(CNN) 故マイケル・ジャクソンさんの長男プリンス(16)が今週、米芸能情報番組「エンターテイメント・トゥナイト」にゲスト・リポーターとして出演した。

プリンスがリポーターの仕事に挑戦するのは初めて。新作映画「オズ はじまりの戦い」に出演した俳優ジェームズ・フランコとザック・ブラフ、サム・ライミ監督にインタビューした。指導にあたった「先輩」リポーターのブルック・アンダーソンに、「将来はプロデューサーや監督、脚本家、俳優もできるようになりたい」と抱負を語った。

この仕事はマイケルさんの姉、ラトーヤ・ジャクソンさんが手配したという。ラトーヤさんに近い情報筋の話によると、プリンスの方から相談を持ち掛けた。ラトーヤさんは収録当日も現場に付き添い、きめ細かく世話をしていたという。

マイケルさんの3人の子どもたちは09年のマイケルさんの追悼式まで、公の場に姿を現さなかった。その後、プリンスは露出を増やし、10年2月のグラミー賞授賞式では、当時12歳で父に代わって功労賞を受け取った。芸能界入りを目指すプリンスだが、父のように歌ったり踊ったりはできないと話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]