中国の奇想天外なゴルフ場 コース内にマヤ遺跡や万里の長城も

壁の設計図:万里の長城のあるホールのデザイン画 (C)SCHMIDT-CURLEY DESIGN

壁の設計図:万里の長城のあるホールのデザイン画 (C)SCHMIDT-CURLEY DESIGN

オバマ米大統領は、休暇中はチャンスさえあればコースに出るほどゴルフ好きで知られ、2010年の休暇にフロリダで家族とミニゴルフを楽しんだ。

大統領は最初のホールをパーで終えたが、大統領の9歳の娘のサーシャさんが見事ホールインワンを決め、世界各国の報道陣の前で父親を破った。

恐らくオバマ大統領は、カーリー氏のゴルフリゾート、ミッションヒルズ・ハイコウで開発されている斬新な新コースで自分のハンデキャップを賭けてプレーしたいことだろう。

このコースは、ミニゴルフの奇抜な要素と「大人らしい」普通のゴルフを組み合わせた全18ホールのコースで、9歳の子どもが好スコアを叩き出すことはまずないが、平均的実力のあるいわゆる「アベレージゴルファー」も何度も屈辱を味わうことになるだろう。

空想的なゴルフコース

今や中国は世界で最も急速に拡大しているゴルフ市場であり、次々と新たなゴルフコースが建設されている。しかし、どのコースもどこか「似ている」印象があることから、カーリー氏のチームは、中国の幅広い層の人々やリゾートを訪れる人々の興味をそそるようなコースを作りたいと考えた。

そこでまず、400メートルのパー4のホールでバンカー、ラフ、木の代わりに、万里の長城のレプリカを採用した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]