写真特集:ドイツ人写真家が見た北朝鮮の暮らし

上空から見た平壌の一角。建物のほとんどは住宅だが、日没後には街の大部分が闇に包まれ、ゴーストタウンのような印象がさらに強まる=同氏提供

上空から見た平壌の一角。建物のほとんどは住宅だが、日没後には街の大部分が闇に包まれ、ゴーストタウンのような印象がさらに強まる=同氏提供

シンガポールを拠点に活動するドイツ人のドキュメンタリー写真家、オラフ・シュルケ氏は昨年夏、カメラを手に北朝鮮を訪れた。9日間の旅で同氏が垣間見た「ベールの向こう側」を、文章と写真で紹介する

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]