米下院、UFOに関する公聴会を開催へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米下院がUFOに関する公聴会を開催することがわかった/Department of Defense

米下院がUFOに関する公聴会を開催することがわかった/Department of Defense

(CNN) 米下院が今月17日に過去50年以上で初めてとなる未確認飛行物体(UFO)に関する公聴会を公開形式で開催することがわかった。

今回の公聴会は、米国防総省が昨年立案したプログラムについて焦点を当てるものとなる。米諜報(ちょうほう)機関は昨年、2004年以降の「未確認航空現象(UAP)」144件に関する初期の評価について発表していた。このうち説明がつく現象は1つだけだった。

下院情報委員会の小委員会が17日東部時間午前10時に公聴会を開催する。その後、国防総省の「空中物体識別・管理・同期グループ(AOIMSG)」に関する公聴会を非公開で行う。

小委員会の委員長を務めるアンドレ・カーソン下院議員は、特に完全に理解できていない事案を含め国の安全保障に関するあらゆる危険性について、政府や情報当局の指導者が真剣に評価を行い対応することを米国民は期待しているし、それがふさわしいと指摘した。

下院情報委員会のアダム・シフ委員長は、一般の人々がこの時代の最も不可解な事案のひとつについて情報当局の専門家や指導者から直接意見を聞き、真実と透明性によって過剰な秘密主義と臆測の悪循環を断ち切る機会となるだろうと述べた。

国防総省のカービー報道官は10日、国防総省が、こうした現象について特定し、過去に行ったよりもより積極的で協調的な方法で情報を分析するためのより良い作業が行えるよう取り組むと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]