携帯拾おうとくみ取り便所に頭から落下、女性を救出 米ワシントン州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
くみ取り便所に頭から落ちた女性を消防署員らが救出した/Brinnon Fire Department

くみ取り便所に頭から落ちた女性を消防署員らが救出した/Brinnon Fire Department

(CNN) 米ワシントン州でこのほど、公園のくみ取り便所に落下した女性が消防隊員に救出される出来事があった。女性は、便所の中に落とした携帯電話を拾おうとして落下していた。

消防隊員2人に救助された女性は、ワシントン州オリンピック半島にある公園の屋外にあるくみ取り便所に落とした携帯電話を拾おうとして、便所に頭から落下した。

ブリノン消防署によれば、40代の女性が4月19日、ハイカーに人気のウォーカー山で、屋外トイレを使用していた。

女性は携帯電話を落としてしまった後、携帯を拾おうとして、シートなどを分解した。最初は犬用のリードをつかって携帯を「つり上げよう」としたができず、その後体を支えるためにこのリードを使ったものの失敗し、便所に落下。女性は落下してから20分後、携帯を発見し、通報することができた。

ブリノン消防署とキルシーン消防救急隊の隊員が現場に駆け付け、女性を安全に引き上げた。

消防署によれば、女性にけがはなく、汚れを洗い流した後、タイベックスーツが与えられた。女性はそれ以上の治療は望まず、旅を続けたという。

消防署は「この患者は、有毒なガスに襲われず、けがもなく、非常に幸運だった」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]