連邦最高裁前で体に火をつけた男性、搬送先で死亡 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
連邦最高裁判所前の広場で自分の体に火を付けた男性が搬送先の病院で死亡した/StarMax/AP

連邦最高裁判所前の広場で自分の体に火を付けた男性が搬送先の病院で死亡した/StarMax/AP

(CNN) 米首都ワシントンの連邦最高裁判所前の広場で、自分の体に火を付けた男性が、搬送先の病院で死亡した。

首都警察(MPD)の報道官が23日に語ったところによると、男性は西部コロラド州ボルダー在住のウィン・ブルースさんと判明した。

22日午後6時半ごろ、MPDと最高裁、連邦議会議事堂の常駐警察が現場に出動した。

ウィンさんは空路、ワシントン市内の病院へ運ばれた。ほかにけが人は報告されていない。

最高裁の報道担当者によると、現場周辺は捜査のため封鎖された。CNNは23日、広場の封鎖が解除されたことを確認した。

ワシントン市内では先週から騒ぎが相次いでいる。20日には議事堂で、脅威の可能性に基づく避難命令が出た。近くの野球場で陸軍パラシュート部隊が披露した実演について、連邦航空局(FAA)が議事堂警察に通知していなかったためだ。

22日には市北西部で銃撃事件が発生し、少なくとも4人が負傷した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]