米フロリダ州の男性と孫、マグネットフィッシングで狙撃銃引き揚げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マグネットフィッシングに使った重さ約2.3キロの磁石とロープ/courtesy Duane Smith

マグネットフィッシングに使った重さ約2.3キロの磁石とロープ/courtesy Duane Smith

スミスさんは今回の件について、ビギナーズラックだと語るものの、視聴したユーチューブの動画のおかげで、どんなものを見つけたとしても心構えが出来ていたという。

「スロットマシンで次が何を引き当てるか分からないという、ギャンブル中毒のようなものだね」「スロットで遊ぶよりはずっと安いけどね」

退役軍人であり、銃器の配備に関する訓練を受けていたスミスさんは、今回発見した武器が軍事用のものと判別し、重量はそれぞれ約9キロと推測。少々調べてみた結果、2万ドル(約230万円)の価値があり、銃の状態から最長で1年ほど水中に沈んでいた可能性があると推定した。

銃はマイアミデード警察に引き渡されたが、同警察はCNNの取材に対し、実際の銃の状態によるものの、可能ならば今後、処理作業のために犯罪科学研究施設に送付すると話した。銃が犯罪に用いられたことがないか調べるため、処理作業を完了させなければならないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]