白頭ワシの卵に孵化の兆候、ライブ中継に注目 米フロリダ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米フロリダ州で白頭ワシのつがいが温めていた卵にひびが入り、孵化(ふか)の兆候が確認された/SWFLEagleCam.com

米フロリダ州で白頭ワシのつがいが温めていた卵にひびが入り、孵化(ふか)の兆候が確認された/SWFLEagleCam.com

(CNN) 米フロリダ州南部で白頭ワシのつがいが温めていた卵にひびが入り、孵化(ふか)の兆候が確認された。巣の様子はインターネットで生中継され、カメラがとらえる誕生の瞬間を期待して数千人が見守っている。

同州ノースフォートマイヤーズの農場にある白頭ワシの巣では、メスの「ハリエット」とオスの「M15」が1カ月以上、交代で巣を守り、卵を温めながら、周辺で狩りをしていた。

現地時間の26日午前、巣の中の卵のうち1つに小さなひびが入っているのが確認された。

白頭ワシのひなは、助けを借りることなく徐々に殻を割って出て来るため、完全に孵化するまでには通常12~72時間かかる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]