重さ45キロのアカマンボウが漂着 米海岸

水族館にはアカマンボウが打ち上げられてから1時間足らずで連絡が入ったとみられる/Seaside Aquarium

水族館にはアカマンボウが打ち上げられてから1時間足らずで連絡が入ったとみられる/Seaside Aquarium

NOAAによれば、アカマンボウは丸くて平らな体を持ち、色はシルバーグレー。魚の腹に向かって、シルバーから赤に変わり、白い点がつく。ヒレと口は赤く、大きな目は金色に縁どられている。

チャンドラーさんは、アカマンボウが見つかったときの状態から、海岸に打ち上げられてから職員が通報を受けるまで1時間もたっていなかったとみている。打ち上げられたときは生きてはいなかったが、鳥が来る前には確保できたという。

アカマンボウは大型の冷凍庫で保管されている。水族館では地元の博物館と共同でアカマンボウの解剖を計画している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]