テムズ川に迷い込んだクジラ、救出活動続く 英ロンドン

ロンドン港湾局は小型のミンククジラが迷い込んだとみている/@dkfitldn/Twitter

ロンドン港湾局は小型のミンククジラが迷い込んだとみている/@dkfitldn/Twitter

(CNN) 英ロンドン市内を流れるテムズ川で9日、1匹のクジラが迷い込んでいるのが見つかり、専門家などが救出活動を続けている。

ロンドン港湾局によると、クジラは現地時間の9日午後7時ごろ、テムズ川に架かるリッチモンドロック水門付近に迷い込んで抜け出せなくなっているのが見つかった。体長約3メートルの小型ミンククジラと思われる。

現場には海洋生物保護団体の海洋哺乳類専門家が到着し、港湾局や消防局と連携してクジラを脱出させようとしている。

クジラの動画を撮影した目撃者のダニエル・マギーさんは、リッチモンドロック付近で今年に入って目撃されたアザラシが戻ってきたのかと思ったと話し、「近づいてみるとひれが見えたのでクジラだと分かった。水門の管理人がホースで水をかけ、潮位が上がってクジラは向きを変えられたようだった。横向きになってバタバタしていたので、けがをしているのかもしれないと気付いた」と語った。

別の目撃者のデービッド・コーサックスさんは、「普段はアヒルや白鳥しかいない場所でクジラを見かけるなんて信じられなかった」と驚いた様子だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]