洪水ですべてを失った男性、1年後に2億円当たる 米

ミシガン州の男性がラッキー7のインスタントくじで200万ドルを当てた/From Michigan Lottery

ミシガン州の男性がラッキー7のインスタントくじで200万ドルを当てた/From Michigan Lottery

(CNN) 米ミシガン州でこのほど、1年前に洪水によってすべてを失った男性が宝くじに当選して200万ドル(約2億1000万円)を獲得したことがわかった。

匿名を希望する29歳の男性は同州ミッドランドの食料品店で宝くじを購入していた。

宝くじ当局の声明によれば、男性は「わたしは昨年、洪水ですべてを失った」と述べ、今回賞金を獲得したことについて感無量だと振り返った。

男性はこれまで20ドルのスクラッチくじを購入したことはなかったが、子どもたちを迎えに行った際に宝くじ「ラッキー7」が目についたという。男性によれば、7は自身にとってのラッキーナンバーだという。

男性によれば、金を取り戻せると考えたが、「実際に200万ドルを獲得すると震えが止まらない」と語った。

20ドルのラッキー7宝くじで獲得できる賞金額は20ドルから200万ドルとなっている。

男性は当選金を一時金として受け取ることを選択し、130万ドルを受領した。請求書を支払った後の残額は貯蓄に回すという。「子どもたちをきちんと世話できそうだとのめどが立ち、世界で一番明るい気分になれた」と男性は語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]