米ニューヨーク公共図書館、一部再開へ ライオン像にもマスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨーク公共図書館を見守るライオン像にもマスクがかけられた/Jonathan Blanc/New York Public Library

ニューヨーク公共図書館を見守るライオン像にもマスクがかけられた/Jonathan Blanc/New York Public Library

(CNN) 米ニューヨーク公共図書館が月内にも施設の一部を再開するが、再開にあわせて図書館の入り口前に設置された2体のライオン像にマスクが装着された。ニューヨーク市が完全に活動を再開できるよう、市民に対して、感染抑止のためのガイドラインを守るよう訴える形となっている。

図書館のマスコットともなっているライオン像に装着されたマスクは幅約90センチ、高さ約60センチ。月内にも図書館は一部の施設を再開させるが、入館者はマスクの着用が義務付けられる。

/Jonathan Blanc/New York Public Library
/Jonathan Blanc/New York Public Library

ライオン像は109年にわたって図書館を守っており、1918年のスペイン風邪の時代も見守ったことになる。

ニューヨークでは100年前も今回の新型コロナウイルスのときのような抑止策を導入していた。当時も他人との社会的距離の確保や病気に対する監視プログラムの強化、公共の場の利用法の整備などが行われた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]