神父のローブの中に消えた猫、教会のネット礼拝に「侵入」 英

インターネット礼拝を行っている神父のローブの中に猫がもぐり込み姿を消してしまう一幕があった/Canterbury Cathedral/Twitter

インターネット礼拝を行っている神父のローブの中に猫がもぐり込み姿を消してしまう一幕があった/Canterbury Cathedral/Twitter

ロンドン(CNN) 英国の教会で神父がインターネット礼拝を行っている最中に、1匹の猫が現れ、神父のローブの中にもぐり込んで姿を消してしまう一幕があった。

カンタベリー大聖堂のロバート・ウィリス司祭は、庭園の椅子に腰かけて説教を行っていた。そこへ1匹の猫が画面に登場し、司祭の足の間に顔を突っ込んで、ローブの裾の中に姿を消した。

「猫のレオがまたいたずらをしました! 先週の朝の祈りのこの場面を目撃しましたか?」。カンタベリー大聖堂がこの動画をツイッターに掲載すると、たちまち反響が広がった。

英国では新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)のために、全土の教会がインターネット礼拝に切り替えている。しかし今回のようなハプニングはほとんど起きていない。

もっとも猫のレオが同教会のソーシャルメディアに登場したのは今回が初めてではなかった。

同教会は4月にも、礼拝の準備をする司祭と猫が庭園の椅子に座る写真をツイッターに掲載し、「今日の朝の祈りに、カンタベリー司祭と猫のレオと一緒に参加しましょう」と呼びかけていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]