道路の真ん中に現金1億円の落とし物、ドライブ中の一家が発見 米バージニア州

ドライブ中の一家 現金100万ドルを発見 米バージニア州

(CNN) 米バージニア州で車を走らせていた一家が、道路の真ん中に落ちていた現金およそ100万ドル(約1億円)を発見する出来事があった。

同州キャロライン郡保安官事務所によると、シャンツさん一家は新型コロナウイルスの憂鬱(ゆううつ)から抜け出そうと、一家で長距離ドライブに出かけた。

道路を走行していると、前を走っていた車が突然ハンドルを切り、道路の真ん中に置いてあった大きなごみ袋のようなものをよけるのが見えた。しかしシャンツさん一家の車は間に合わず、袋をひいてしまった。

一家は車を止め、袋を拾い上げて自分たちの車に積んだ。近くの側溝にも別の袋があるのを見つけてこちらも車に積み込んだ。

その日の晩、自宅に戻った一家が袋の中のごみを捨てようとしたところ、中に郵便物のようなものが入っているのを発見。さらに詳しく調べた結果、現金らしいものが入っていることが分かった。

通報を受けて駆け付けた警察が中身を調べ、間違いなく現金だったことを確認した。2つの袋には合わせて100万ドル近い現金が入っていた。

2つの袋の中には小さなビニール袋が複数入っていて、それぞれに、現金の保管場所についての情報が記載されていた。

保安官事務所は一通りの捜査を終えると郵政公社(USPS)に調査を引き継ぎ、郵政公社で本来の持ち主に返す手続きを進めている。

現金の持ち主や行方などについては公表されていない。

警察は現金を届け出た一家について、「きっと難しい判断だったはず。なにしろ100万ドル近い現金だ。しかし彼らは正しいことをした」と称賛している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]