火星の大地、高解像度パノラマで撮影 NASA探査機

鮮明さに息をのむ、火星のパノラマ写真公開

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」は、2012年の火星着陸以来、息をのむような美しい画像を地球に送り届けてきた。しかし1000枚以上の画像をつなぎ合わせて撮影した今回のパノラマ写真は、精密さという点で群を抜いている。

キュリオシティは当該のパノラマ写真を昨年の11月24日から12月1日にかけて撮影した。地球で勤務するNASAの担当職員が感謝祭の休日を楽しむ間、コンピューターが事前に受けた命令に従い、黙々と「仕事」をこなしていたことになる。

今回送られてきたパノラマ写真は18億画素と6億5000万画素の2枚。それぞれ4日間の期間中、正午から午後2時の間にキュリオシティに搭載されたカメラで撮影した。時間帯は明るさの条件が一定になるように選択された。

キュリオシティの計画に携わる研究者の1人、アシュウィン・バサバダ氏は、今回のミッションで立体効果のある360度のパノラマ写真に取り組んだのは初めてだったと説明した。

NASAのウェブサイトでは、特殊なツールを使って18億画素のパノラマ写真をズームすることが可能だ。手前に写り込んだキュリオシティの本体から火星の大地の遠景に至るまで、画像の鮮明さを満喫できる仕掛けになっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]