キツネのちん入に英国会議事堂騒然、エスカレーター使い

時ならぬキツネの侵入に、英国会議事堂が一時パニックとなった/Nigel Evans MP/@nigelmp/Twitter

時ならぬキツネの侵入に、英国会議事堂が一時パニックとなった/Nigel Evans MP/@nigelmp/Twitter

ロンドン(CNN) ロンドンにある英国会議事堂内にキツネ1匹が夜間、エスカレーターを使ってちん入、各階の廊下などをうろついて逃げ回る珍事があった。議事堂内は一時、騒然となったという。

野党・労働党の女性議員はツイッターで、2階にある自らの事務室外で排便したらしいとも報告。与党・保守党の議員はエスカレーターで登って行くのを目撃したとし、「国会内では2017年以降、不可思議な事象に接してきたが今回のが一番!」と書き込んだ。

キツネは6日夜、議員オフィスなどがある「ポートカリス・ハウス」に出没。警官の追跡や大きな手袋を使っての捕獲をかわし、3階や4階などへ逃げ続けたが最後には捕まり、箱状の物の中に入れられて排除された。

ソーシャルメディアには政治の中心地で巻き起こった異例の騒動を面白がる投稿が寄せられた。スコットランド民族党の議員は「キツネが国会内のネズミの補食に意欲的なら実際役立つ展開だろう」と指摘。下院はネズミや他の害虫の出没に悩む問題を抱えてもいる。

地元紙サンの国会担当記者はキツネ出現をツイッター上で「実況中継」。「警官はシッシッなどの声を出して追い払おうとしているが、3階へ逃げた」「Foxニュース。今は4階におり、警官はまだ捜査中。しかし、どうやって壮大な宮殿の中で捕まえられるのか?」などと伝えた。

一部の議員に人気があり、メイ前首相が禁止措置の廃棄を試みたこともあったキツネ猟にひっかけた冗談の投稿も。「キツネ猟はスポーツと称する全ての議員のうち今回のキツネに1対1で立ち向かおうとした者は誰もいなかった」などの内容もあった。

英国会議事堂内に動物が紛れ込んだのは今回が最初ではない。18年には下院建物内をヨーロッパコマドリ1羽が飛ぶのを議員が見つけていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]