コンドル300羽、国境警備局の無線塔を「占拠」 米

たくさんのコンドルが国境警備局の無線塔を「占拠」し、排便が落下するなどの被害が出ている/Department of Homeland Security

たくさんのコンドルが国境警備局の無線塔を「占拠」し、排便が落下するなどの被害が出ている/Department of Homeland Security

(CNN) 米税関・国境警備局(CBP)は、米テキサス州キングズビルにある同局の無線塔がコンドル約300羽の根城と化しており、排便や吐瀉(としゃ)物が塔の下にある職員用などの建物に落下する被害が生じているとこのほど報告した。

CBPの報道担当者は、高さ300フィート(約91メートル)の塔の上からコンドルが獲物をこぼす事例もあったと指摘。建物などの安全確保に支障が出ているとも述べた。

米魚類野生生物局、農務省、同州の歴史的保存物担当部局や環境問題の専門家らと協議し、コンドルに害を及ぼさないような解決策を模索している。

コンドルが大挙襲来し、塔にたむろし始めたのは6年以上前からで、気に入ったらしく離れようとしないという。ただ、巣や子どもは一切見られない。

CBPを管轄する国土安全保障省によると、尿などの落下物は作業員が活動出来る塔の上の狭い通路や支柱、手すりなどに散乱している。

現段階では塔に網を張りめぐらしコンドルの接近を阻止する案を検討している。生態的に大規模な集結が最も目立つのは秋で、8月までには網作戦の開始を予定している。

米国でよくみかけるコンドルは「ヒメコンドル」と「クロコンドル」の2種で、集団的にねぐらなどを共有する。共有は数千羽以上に達することもあるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]