世界最高齢と見られるクロサイ「ファウスタ」 57歳で死ぬ

世界最高齢のクロサイと見られる「ファウスタ」が死んだ/Ngorongoro Conservation Area Authority

世界最高齢のクロサイと見られる「ファウスタ」が死んだ/Ngorongoro Conservation Area Authority

(CNN) 世界最高齢と見られていたタンザニアのクロサイが57歳で死んだ。

「ファウスタ」と名付けられたこの雌のクロサイを2016年から保護していたンゴロンゴロ自然保護区内の施設によると、死んだのは27日で、自然死と見られるという。

世界自然保護基金(WWF)によると、雌のクロサイは一般的に7歳頃に最初の出産をし、40~50歳まで生きるという。ファウスタは生涯出産をしなかった。

The oldest free-ranging black rhino (Fausta) dies at the age of 57 in the Ngorongoro Crater, Tanzania: It was kept in...

Ngorongoro Conservation Area Authorityさんの投稿 2019年12月28日土曜日

以前は、先月フランスで55歳で死んだと報じられたシロサイの「サナ」が、飼育されている世界最高齢のサイと考えられていた。

ンゴロンゴロ自然保護区によると、ファウスタは1965年にタンザニア北部に位置するンゴロンゴロクレーターの中で、研究者によって発見された。当時ファウストはまだ3~4歳だった。

同自然保護区の野生環境で54年間過ごしたが、2016年に健康状態が悪化し始めた。ハイエナに襲われたり、視力も低下したため、やむなく保護区内で保護下に置かれたという。

クロサイは絶滅の危機にさらされているが、その数は20世紀に激減した後、最近は増加傾向にある。

昨年、世界で最後のキタシロサイの雄「スーダン」がケニアで死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]