カナダで「廃棄」の木製ソーラーボート、大西洋横断しアイルランドに漂着

ソーラーパネル付きの移動住宅型木造船がカナダからアイルランドに流れ着いていた/Ballyglass Coast Guard Unit

ソーラーパネル付きの移動住宅型木造船がカナダからアイルランドに流れ着いていた/Ballyglass Coast Guard Unit

(CNN) ソーラーパネルを動力源とする木製のハウスボートがカナダ東部で廃棄された後、大西洋を横断して3200キロ離れたアイルランドまで流れ着いていたことがこのほど明らかになった。アイルランドでの発見から3年が経過して、ボートの出自に関する謎がようやく解けた形だ。

2016年のある夜、アイルランド西部のメイヨー州の住民は、移動住宅型の船舶が浜辺に流れ着いているのを発見し、地元の沿岸警備隊に通報した。船は木造で上部にソーラーパネルが設置されていた。

ソーラーパネルを設置した木造のハウスボートが漂着/Ballyglass Coast Guard Unit
ソーラーパネルを設置した木造のハウスボートが漂着/Ballyglass Coast Guard Unit

さらに奇妙なことに船内にはリック・スモールなる人物によるメッセージが記されており、「家のない若者にこの船を寄贈する」とあった。

沿岸警備隊を指揮するマイケル・ハースト氏は船内が無人であることを確認した後、フェイスブックにハウスボートに関する事柄を投稿。すると翌日には地元メディアや地域住民からの問い合わせが殺到したという。

船内に残されたメッセージ/Ballyglass Coast Guard Unit
船内に残されたメッセージ/Ballyglass Coast Guard Unit

持ち主が現れず、リック・スモールという人物も見つからなかったため、沿岸警備隊と地域住民はハウスボートを改修し、地元の庭園に寄贈した。

ハウスボートの出自はその後3年間謎のままだったが、先月28日になって前出のハースト氏の下に1人のジャーナリストから情報が寄せられた。カナダの放送局CTVによるとボートの所有者は62歳の発明家、リック・スモール氏だという。

CTVのインタビューに答えたスモール氏は、ソーラーパネルを設置したハウスボートを建造して、気候変動に対する注意喚起をしたかったと語る。カナダ東部のニューファンドランド島を出発して北極周辺を航行し、海氷がなくなっていることを伝える計画だったが、目的に合ったモーターを見つけられずに断念。ニューファンドランド島でハウスボートを廃棄したと説明した。

ボートがどうやって大西洋を横断したのかは見当もつかないというスモール氏。途中で沈まなかったのは、自分の建造の仕方がよかったからにちがいないとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]