床下から2次大戦時の大量の札束、2.2億円に相当 英

床下から大量の札束が発見された

床下から大量の札束が発見された

(CNN) 英ブライトンで、かつては首相を務めたウィンストン・チャーチル氏も利用した衣料店として使われていた家屋の床下から第2次世界大戦時にさかのぼる約3万ポンド分の札束が発見されたことが11日までにわかった。インフレ率などを考慮すると現在のレートで約150万ポンド(約2億2000万円)に相当する額だという。

この札束は5月に建設作業員が発見していた。痛んで汚れた札束が床下に隠されていたという。

地元警察によれば、見つかった札束は1ポンドと5ポンド紙幣。札束が発見された場所の所有者は今のところ明らかになっていない。

この場所は「コッツウォルド・アウトドア」の小売店だが、1936年から73年の間は、「ブラッドリーズ・ガウンズ」の店舗だった。ブラッドリー家は1860年代にはロンドンでも有数の衣料販売店として知られていた。

1930年代までには、ウィンストン・チャーチル夫妻や、英国王室のメンバー、ハリウッドスターも顧客に名を連ねていたという。

子孫の1人であるハワード・ブラッドリー氏はCNNの取材に対し、今回の話を聞いて、驚くと同時に興奮したと述べた。ハワード氏はブライトンの店舗についてブラッドリーズの店舗だったと思うと指摘。「その可能性が高そうだ。当時は(ロンドンの外に)幾つか店舗を持っていた」と語った。

ハワード氏は、現金を保管していたことに関する話を聞いたことはないとしながらも、戦時中に金を隠す人がいても驚かないだろうと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]