洞窟にすむオレンジ色のワニ、新種へ突然変異か ガボン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腹部の皮膚も変色。洞窟にすむコウモリの排泄物による化学反応が原因か

腹部の皮膚も変色。洞窟にすむコウモリの排泄物による化学反応が原因か

おそらく最大の謎であるオレンジ色の体表については、確かなことが分かっていない。ただ研究者らは酸による変色の可能性を指摘する。

テスタ氏は「洞窟内のワニは、コウモリの排泄(はいせつ)物を含む液体につかって暮らしている。かなり過酷な環境で、体表は化学的なダメージを受けて漂白が起こると考えられる。しかしそれを証明する方法はない」と語った。

オレンジ色のワニの消化器官からはコウモリの骨のほか、コオロギやカタツムリなどが見つかっている。他のワニと異なる食性を持つことも、これらのワニが新種であることを示す要素になるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]