豪州で夢の仕事? 「最高ウォンバット抱っこ責任者」募集

「責任者」の応募条件には25ワード以内の自己PRが含まれる=Sean Scott Photography提供

「責任者」の応募条件には25ワード以内の自己PRが含まれる=Sean Scott Photography提供

デレックは昨年12月、車にはねられた母親の袋の中からムーニーさんが助け出した。付きっ切りで面倒を見ているウォンバットの赤ちゃんは今のところデレックのみだが、ムーニーさんの施設ではほかにも15頭を保護していて、成長したら野生に返す予定だという。

海辺を走り回るデレックの姿をスコットさんが撮影し、タスマニア政府観光局がウェブサイトに掲載したところ、たちまち人気者になった。

抱っこ責任者募集のキャンペーンはこの反響を受けて実施。応募するには「最高ウォンバット抱っこ責任者の役職に自分が最も向いている理由」を25ワード以内で説明する必要がある。締め切りは16日で、これまでに3000を超す応募が寄せられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]