巨大小惑星、地球に最接近へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は、直径約500メートルの巨大小惑星「2004 BL86」が米国時間の26日に地球に最接近すると発表した。地球が危険にさらされる恐れはないとしている。

この小惑星は地球から約120万キロの距離を通過する見通し。これは地球から月までの距離の約3倍に当たる。これほどの大きさをもつ小惑星がこれほどの近距離まで接近する現象は、2027年に予想される小惑星「1999AN 10」の接近まで起きないという。

NASAの発表では2004 BL86について、「予想できる限りでは地球が脅かされる恐れはないが、地球に比較的近い距離まで接近してくる小惑星の中では比較的大きい」と解説する。

高性能の双眼鏡や家庭用の天体望遠鏡でも観測できる見通しで、小惑星を観測する好機になるとNASAは予想する。

NASAは米カリフォルニア州にある地上アンテナ群「ディープスペースネットワーク」や、プエルトリコのアレシボ天文台で2004 BL86の画像をとらえる予定。天体観測サイトの「Virtual Telescope Project 2.0」でも観測できる。

2004 BL86は米ニューメキシコ州にあるLINEARプロジェクトの望遠鏡で2004年1月30日に発見された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]