小児がんの女の子に「善意のピザ」殺到 米LAの病院

米ロサンゼルスの病院に「善意のピザ」が殺到 

米ロサンゼルスの病院に「善意のピザ」が殺到 

(CNN) 米ロサンゼルスの小児病院で最近、入院中の女児の母親が病室の窓に掲げた「ピザを送って」というメッセージがインターネットを通して広まり、ピザの配達が殺到する騒ぎがあった。

ヘーゼル・ハマースリーちゃん(2)は今年4月、乳幼児に多いがんの一種、神経芽細胞腫と診断され、同病院に入院している。

ことの始まりは、母親のローレンさんが病室の窓に掲げた「ピザを送って。4112号室」という張り紙だった。これを見かけたソーシャルニュースサイト「レディット」のユーザーが13日、道路から張り紙の写真を撮って同サイトに掲載。メッセージはあっという間に広がり、病室にピザが届き始めた。

ピザが20枚を超えたところで、病院はウェブサイト上に「女の子はとても喜んでいますが、ピザはこれ以上必要ありません」とのコメントを載せた。

ヘーゼルちゃんはまもなく5回目の化学療法を受ける予定。ローレンさんは自身のブログに「オンライン社会からのご好意とご支援に大変恐縮し、驚いている。これを機に神経芽細胞腫と小児がん団体への理解が深まりますように」と書いている。ローレンさんによると、病室には同じ病棟の子どもたちや看護師らも集まり、音楽を流して「ピザパーティー」を楽しんだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]