花にお菓子に金の延べ棒 珍しい自販機あれこれ

2012.08.28 Tue posted at 09:00 JST

[PR]

(CNN) もしアジアを旅するなら、不思議な品々を売っている自動販売機をきっと目にするはずだ。特に日本は世界で最も自販機が多い国の1つ。23人に1台の割合で自販機が存在し、生卵からカブトムシまでさまざまな物を売っている。

シンガポールには最近、無料でコカ・コーラのボトルを手に入れられるものまで登場した。機械を抱きしめると、お金を支払わずにコーラがもらえるのだ。

最近は米国にもちょっと変わった自動販売機が数々登場している。そんな珍しい自販機7つを紹介しよう。

カップケーキ(スプリンクルズ・ベーカリー)

甘いものが大好き? 米ロサンゼルスの有名カップケーキ店スプリンクルズは、昼でも夜でもそんなあなたを満足させる方法を生み出した。世界初となる24時間稼働のカップケーキ自動販売機だ。この自販機はビバリーヒルズ店の外側に設置されている。

箱入りのカップケーキはさまざまなフレーバーをそろえて、1個4ドル。どれも新鮮だという。

メールマガジン

[PR]