米スターバックス、ロシアからの撤退を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、同国での事業を一時的に停止していた米スターバックス/dpa/picture alliance/Getty Images

ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、同国での事業を一時的に停止していた米スターバックス/dpa/picture alliance/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米コーヒーチェーン大手スターバックスは23日、ロシアから恒久的に撤退すると発表した。

同社は今年3月、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、同国での事業を一時的に停止すると発表していた。23日の声明では、ロシア市場でのブランド展開を打ち切る決断を下したと述べた。

同国内で雇用する従業員約2000人には6カ月後まで給与の支給を続け、新たな就職先探しを支援する。

スターバックスは2007年にロシアへ進出し、3月の時点で130店舗を展開していた。

米マクドナルドも3月の同時期にロシア事業の一時停止を発表し、先週同国からの撤退を発表。30年あまりの事業展開に終止符を打っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]