イスラエル行きのユナイテッド便、乗客の問題行動で引き返す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イスラエルへ向かっていたユナイテッド航空機が乗客の問題行動で米空港へ引き返した/Spencer Platt/Getty Images

イスラエルへ向かっていたユナイテッド航空機が乗客の問題行動で米空港へ引き返した/Spencer Platt/Getty Images

(CNN) 米ニュージャージー州のニューアーク国際空港からイスラエルのテルアビブへ向かっていた米ユナイテッド航空機が、乗客の問題行動で引き返していたことが分かった。

ユナイテッドの発表によると、20日夜のテルアビブ便が離陸から約3時間後、ニューアーク空港に戻り、捜査当局がこれを迎えた。

空港の警備にあたる港湾警察(PAPD)が出動した。PAPDの報道官によれば検挙には至らず、けが人も報告されなかった。

同便は乗客123人、乗員11人が搭乗するボーイング787―10型機。運航は中止され、乗客には代替便が手配された。

運行情報サイト「フライトアウェア」によると、同便は20日午後11時すぎにニューアーク空港を出発。メーン州北部のカナダの国境付近で引き返し、21日午前2時前に同空港へ戻った。

19日にもフロリダ州マイアミ発ロンドン行きのアメリカン航空機が、機内でのマスク着用をめぐるトラブルで引き返していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]