イスラム教徒の女性実業家、ヒジャブを商品化 デパートで発売

イスラム教徒の女性が頭を覆うスカーフ「ヒジャブ」の高級デパートでの販売が始まった/Marlin Levison/Star Tribune/Getty Images

イスラム教徒の女性が頭を覆うスカーフ「ヒジャブ」の高級デパートでの販売が始まった/Marlin Levison/Star Tribune/Getty Images

(CNN) イスラム教徒の女性が頭を覆うスカーフ「ヒジャブ」がこのほど、北米の高級デパートで発売された。女性実業家のヒラル・イブラヒムさん(26)が手掛けた商品だ。

イブラヒムさんは高校時代からずっと、幅広い層の女性がヒジャブを気軽に入手できる日を思い描いていた。

2017年に自分の会社「ヘナ・アンド・ヒジャブ」を設立し、環境に配慮した素材で商品を開発。今月から高級デパート「ノードストローム」の北米16店舗とオンライン部門で売り出した。これまでに米国の大手服飾店がヒジャブを扱った例はほとんどない。

価格は45ドル(約5000円)から。イブラヒムさんによると、従来は希望する生地やサイズがなくてもあきらめるしかなかった。ショッピングモールの店頭で、棚から選んで買えるようにするのが夢だったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]