豊洲初セリ、マグロに3.3億円の史上最高値

東京・豊洲市場の初競りで、青森県産本マグロに3億円超えの史上最高値が付いた/KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images

東京・豊洲市場の初競りで、青森県産本マグロに3億円超えの史上最高値が付いた/KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images

(CNN) 東京・豊洲市場で5日、新年の初セリが行われ、278キロの青森県産本マグロが史上最高値の3億3360万円で落札された。

マクロ1本の落札価格としては、2013年の初セリで記録した過去最高の1億5540万円を大幅に上回った。

競り落としたのはすしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村の木村清社長。予想は3000万~5000万円、高くても6000万円ほどだったことを明かし、「やりすぎちゃった」と話した。

世界最大の魚市場として知られた築地市場が昨年10月、豊洲に移転してから初めての初セリとなった。

本マグロと呼ばれるクロマグロは近年、生息数が減少し、世界最大のマグロ消費国である日本への風当たりが強まっている。これを受け、かつては飼育が難しいとされていたクロマグロの完全養殖に期待が集まっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]