A380機収容へ、格納庫扉に「大穴」 ミュンヘン空港

(CNN) ドイツ南部ミュンヘンの空港にある格納庫に世界最大の旅客機「A380」を収容するため入り口の扉2個の中央部に大きな穴を誕生させ、機体後尾、垂直尾翼や水平尾翼の各部分を穴を通じて外に出させる珍しい仕掛けがこのほどお目見えした。

同機の全長は約73メートルで、格納庫には入り切らない事情を踏まえたアイデア。冬季には氷点下2度にもなる厳しい寒さの中での作業を整備士に強いることを避ける配慮もある。

製品設計企業「ブッツバッハ」がドイツ航空大手「ルフトハンザ」の注文に応じて手掛けた特注の扉の高さは22メートルで、幅は11メートル。4週間かけて製造された扉はレール方式で開閉される。

ルフトハンザは今年3月から保有するA380の5機の整備作業をフランクフルト空港からミュンヘン空港に移していた。

ミュンヘン国際空港の広報担当者によると、同空港の格納庫の開設は1992年。総2階建てのA380の路線就航の開始は2007年だった。

同機の両翼の長さは79.75メートル。これを上回るのは旧ソ連が開発した輸送機「アントノフAn-225(ムリーヤ)」だけとなっている。ムリーヤは両翼間の長さだけでなく、重量や全長でも世界最大となっている。

ミュンヘン国際空港は今月9日、この穴が開いた特製扉を発表した際、完璧な対策と自賛。公表したビデオ映像は1万8000件の閲覧を集め、好評を得ているとも説明した。

A380機はエコノミークラス仕様機での最大収容能力は853人。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]