日本とEU、経済連携協定に署名 世界経済の3分の1をカバー

日本とEUが経済連携協定に署名/Shutterstock/CNNMoney

日本とEUが経済連携協定に署名/Shutterstock/CNNMoney

ロンドン(CNNMoney) 欧州連合(EU)と日本は17日、ほぼ全品目の関税撤廃や削減を盛り込んだ経済連携協定(EPA)に署名した。

同協定は人口約6億人、世界経済のほぼ3分の1をカバーする。保護主義の脅威が台頭しつつある世界貿易制度を支える協定ともいえる。

チーズやワインといったEUからの輸出品の関税は撤廃され、日本の自動車メーカーや電気製品メーカーがEU圏内で直面する障壁は少なくなる。

貿易障壁の撤廃は、米国のトランプ大統領が幅広い輸入品に対して関税を発動し、さらなる措置に踏み切る構えを見せているのとは対照的だ。

EUのトゥスク大統領は日本とのEPAについて、「史上最大の二者間貿易協定」と位置付け、「EUと日本の関係はかつてなく強まった」「地理的には遠く離れていても、政治的、経済的にはこれ以上ないほど近付いた」と評価した。

EUの統計によると、日本とEUの昨年の貿易額はおよそ1290億ユーロ(約17兆円)だった。

世界の関税の平均は過去最低に近付いている。世界貿易機関(WTO)によると、EUから日本への輸入品に対する現在の関税は平均で1.6%。日本からEUへの輸出品には2.9%の関税がかけられている。

日本とEUのEPAは、それぞれの議会の承認を経て、2019年に発効する見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]