ランチタイムの出会いを仲介、カップル成立3千組 シンガポール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリア志向の独身男女が恋人を見つけるにはランチタイムのデートが最適?

キャリア志向の独身男女が恋人を見つけるにはランチタイムのデートが最適?

自社でサービスを立ち上げるだけでなく、いくつかの企業を買収してきた。15年には仲介アプリの「ラブ・アウト・ラウド」とタイの仲介会社「ミートンランチ」、昨年はインドネシアの「セティペ」を傘下に収めた。16年からは日本で結婚支援を手掛ける「ダイバース」と組んで、同国に会員制のデート仲介サービスを提供している。

独自のビジネスで大きな成功を収めてきたリムさんだが、「生まれながらの起業家ではない」と自認する。もしランチデートのサービスを思いついていなかったら、普通の職場に長くとどまっていただろうと話す。

「デートや恋愛を扱うのは簡単な仕事ではありません。常に人々の感覚や感情と向き合っているから、自分の感情も激しく消耗する」という。

それでもこれほどやりがいのあるビジネスはないと、リムさんは言う。「その人の人生を大きく変えることができるし、生涯続く幸せを見つけるお手伝いができるから」と、力を込めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]