コストコに21億円賠償命令、「ティファニー」の名で指輪販売

2017.08.15 Tue posted at 13:17 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 会員制量販店コストコで販売していた婚約指輪に「ティファニー」の名を使われたとして同社が米ニューヨークの連邦地裁に起こしていた裁判で、ローラ・スウェイン裁判官は14日、コストコに対して総額1930万ドル(約21億円)を超える損害賠償をティファニーに支払うよう命じる判決を言い渡した。

この額にはコストコの行為によってティファニーが被った損失の3倍に当たる1110万ドルと、懲罰的損害賠償825万ドルなどが含まれる。

コストコは判決を不服として控訴する意向を表明。「コストコはティファニーの偽ブランド品を販売していたわけではない」と主張している。

この裁判では2013年にティファニーがコストコを提訴。コストコが何年も前から店内の宣伝に「ティファニー」の用語を使って婚約指輪のブランドを偽ったと訴え、「数千人とはいわないまでも、数百人が誤解して、ティファニーの婚約指輪をコストコで買ったと思い込んだ」と主張していた。

これに対してコストコ側は、「ティファニー」の名は指輪の雰囲気を表す一般用語として使ったもので、指輪そのものにティファニーの刻印はなく、ティファニー風の青い箱や袋にも入れなかったと強調。「コストコの宣伝について誤解していたという客は10人に満たない」と反論していた。

裁判所は2015年の略式判決でティファニーの訴えを認め、コストコによる商標権侵害や商標品偽装を認定。今回の判決では損害賠償に加えて、「ティファニー」の言葉を単独で使ってはならないと命じた。ただし、「ティファニー・スタイル」などの言葉を付け加えれば使用できるとしている。

メールマガジン

[PR]