資源採掘で人為的な地震急増、790万人にリスク 米

米地質調査所が2016年版の地震予測地図を公表した

米地質調査所が2016年版の地震予測地図を公表した

水質汚染や地震の危険が指摘されているにもかかわらず、水圧破砕を使った掘削は激増を続け、米国内の破砕井戸は2000年の2万3000カ所から昨年には30万カ所に増加した。

同時に米中部や東部では、過去30年の間比較的安定していた地盤で2010年以来、地震が目に見えて増加した。

破砕井戸の周辺では地震による被害も発生。2011年にはオクラホマ州プラーグ付近で起きたマグニチュード(M)5.6の地震で数人が軽傷を負い、住宅数棟が損壊した。コロラド州トリニダッド付近でも11年にM5.3、テキサス州トンプソン付近では12年にM4.8の揺れを観測している。

報告書によると、オクラホマ市と周辺地域では2016年に5%~12%の確率で地震の被害が出る可能性がある。この確率は、自然災害の地震で同程度のリスクがあるカリフォルニア州の一部地域を除き、米本土のどこよりも高い。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]