日本の4~6月期GDP、年率で1.6%減

日本の4~6月期のGDPは年率で1.6%の減少となった

日本の4~6月期のGDPは年率で1.6%の減少となった

香港(CNNMoney) 内閣府が17日発表した日本の4~6月期の国内総生産(GDP)は、年率換算で1.6%減のマイナス成長となった。

マイナス幅は市場予想に比べて小さかったものの、個人消費や投資の低迷が目立つ結果となった。

安部政権の経済政策「アベノミクス」が掲げる賃金上昇や劇的な経済回復は、ほとんど実現していないとの批判が強まっている。柱のひとつとされる構造改革は難航し、物価上昇率2%の目標もまだ遠い。

英市場調査会社キャピタル・エコノミクスは、2016年夏までに2%達成という目標は「実現の可能性が次第に低くなっている」との見方を示す。

同社は一方で、今年後半については明るい見通しを示す。GDPは7~9月期にも緩やかなプラス成長に戻り、今年度の成長率は1%まで回復すると予想している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]