話題の「ラクダ」食品、世界に売り込み

ラクダミルクのジェラートも

ラクダミルクのジェラートも

ドバイのカフェ「カフェトゥゴー」は、ラクダのミルク入りコーヒーを発売して世界的な話題となった店。同店のフードメニューには、ラクダ肉を使ったホットドッグやハンバーガー、サラミなども並んでいる。

カフェトゥゴーの創業者ジャシム・バスタキ氏はキャメロスというブランドも立ち上げ、ラクダ肉などをドバイのスーパーマーケットに卸している。

「ラクダ革命で世界に飛び出そう、ラクダカフェの先駆者として進出しようと決意した」とバスタキ氏は語る。今ではカフェトゥゴーのフランチャイズ店はパキスタンやリビア、ケニア、サウジアラビアやカタールでも営業を開始した。

もっともラクダは扱いやすい食材ではない。肉は脂肪が少なく固く、ホットドッグやハンバーガー向きとは言いがたい。ミルクも脂肪分は牛乳の半分で、健康志向の人は喜ぶだろうが、チョコレートの素材としては使い勝手が悪い。

「脂肪分は味に影響するから、(ラクダ乳の使用は)チョコレートメーカーにとって容易なことではない。製品開発は試行錯誤の連続だった」とアルナスマの関係者は語る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]