米バーモント州の原発閉鎖へ 福島第一原発と同型

2013.08.28 Wed posted at 11:06 JST

[PR]

(CNN) 米電力大手エンタジーは27日、バーモント州のバーモント・ヤンキー原子力発電所を来年末に閉鎖する方針を明らかにした。安価な天然ガスに比べて操業コストが高く、採算が取れないためとしている。

バーモント・ヤンキー原発は40年前、マサチューセッツとの州境に近いコネティカット川沿いに建設され、630人の従業員が勤務している。川の水を冷却水として使うシステムで、運転期間は2032年までとなっていた。数十年に及ぶ廃炉作業には5億6600万ドル(約550億円)のコストがかかるが、既に5億8200万ドルを積み立ててある。

同原発は、福島第一原子力発電所と同じ米ゼネラル・エレクトリック(GE)製の格納容器「マーク1」を使った沸騰水型炉(BWR)。マーク1型の格納容器は全米で23基の原子炉に使われている。福島第一原発の事故を受け、反原発団体などからマーク1型原子炉をすべて稼動停止とするよう求める嘆願書が出されたが、米原子力規制委員会(NRC)はこれを却下した。

米国は70年代以降新たな原発を建設していないが、NRCは今年2月、ジョージア州のボーグル原発に原子炉2基を新設することを許可した。

一方で米原発状況を取り巻く状況は厳しさを増し、カリフォルニアやウィスコンシン、フロリダ各州で原発閉鎖が相次いでいる。

メールマガジン

[PR]