ニカラグアに新運河構想、パナマに対抗 中国企業に事業権限

パナマ運河を行く船。ニカラグアで新運河の建設計画が持ち上がっている

パナマ運河を行く船。ニカラグアで新運河の建設計画が持ち上がっている

香港(CNNMoney) 中米ニカラグアの議会は16日までに、香港系企業に対し太平洋とカリブ海、大西洋を結ぶ運河の建設や運営などの権限を50年間委ねることを承認した。事業計画には鉄道、2カ所での港湾、国際空港や原油パイプラインの建設も含む。

ただ、国際海路の要衝パナマ運河に対抗する巨大事業の実現を強く疑問視する見方が早くも出ている。400億米ドル(約3兆7600億円)ともされる巨額の運河建設費のねん出方法や新運河の最終ルートの選定などがまだ決まっていないためだ。

ルートについては、パナマ運河の3倍の距離になる可能性も取りざたされている。

また、ニカラグア議会から事業承認を得た香港企業「HKNDグループ」の組織構造や経営陣の陣容がほとんど知られていないことも懸念材料となっている。同企業には中国の通信企業が関与しているとされる。同社は取材申請に14日時点で応じていない。

ニカラグアでの新運河計画は、パナマ運河の将来的な収容能力の限界を見すえて浮上。パナマ運河では現在、拡張工事が進められているが、完工しても世界最大級のコンテナ船の通過は不可能と指摘されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]