冠水の地下トンネルで7人の遺体発見 韓国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地下道付近で進む捜索救助活動=15日、韓国中部の清州市/Yonhap News Agency/Reuters

地下道付近で進む捜索救助活動=15日、韓国中部の清州市/Yonhap News Agency/Reuters

(CNN) 豪雨の続く韓国で地下トンネルが冠水し、車15台が立ち往生した現場から、16日までに7人の遺体が発見された。

地元消防当局の責任者が発表したところによると、韓国中部の忠清北道で川の堤防が決壊し、地下トンネルに水が流れ込んで公共バス1台を含む15台が水没したため、14日から作業員やダイバーら400人による大規模な捜索救助作戦が実施された。

地下トンネルから脱出した車のカメラがとらえた映像には、流れ込んだ水に車が頭から突っ込む場面が映っている。

現場では10人が行方不明になったとされ、救助作業は16日午前も続いた。当局は同時に、遺体の身元確認を急いでいる。消防責任者によると、救出された負傷者は9人に上る。

救助チームによる排水作業は1分間に8万リットルのペースで進んだ。16日午前4時半ごろにバスの屋根が現れが、当局は生存者が見つかる可能性は低いとの見方を示した。

「気候変動」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]