「ロシア兵に殴られ、撃たれ、生き埋めに」 ウクライナ人男性が証言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ロシア兵に拷問され、生き埋めに」 ウクライナ人男性が証言

ウクライナ・ドブジク村(CNN) ウクライナ人のミコラ・クリチェンコさん(33)は、生きて語るはずではなかった物語を詳述するのがつらい。しかしミコラさんは、生き残れなかった人たちのために自分が語るべく死を免れることができたのだと信じている。

ミコラさんは、ウクライナ北部チェルニヒウ地方の人里離れた道端にある無名の墓を見せた。この墓は開戦から3週間半後にロシア軍に占領された土地にあり、自分と2人の兄弟が埋められた。3人とも銃で撃たれ、ミコラさんだけが生き残った。

「復活したようなものだ」とミコラさんはCNNに語った。

戦争が始まって以来、ロシア軍がドブジク村を占領しているにもかかわらず、クリチェンコさん一家の生活は3月18日までほとんど変化がなかった。ところが、ロシア軍の隊列が爆撃され、ロシア兵が犯人捜しに乗り出した。ロシア兵はミコラさんが兄弟のイエベンさんとドミトロさん、姉妹のイリナさんと暮らす木造の家へも来た。イリナさんはあの日、家にいなかったことをまだ悔いている。

3人の兵士が兄弟に前庭でひざまずくように言い、その間、爆撃された隊列に兄弟を結び付けるものを見つけようと家の中を捜索した、とミコラさんは話した。ミコラさんによると、祖父が持っていた軍の勲章や空挺(くうてい)兵だったイエベンさん(30)の軍用バッグを見つけると、兵士たちは何か隠しているものがあると確信した。

ミコラさん、イエベンさん、ドミトロさんは地下室に入れられ、3日間尋問を受けた。ミコラさんは解放されることを願い続けたが、4日目にロシア兵らの機嫌が変わった。

「全身を金属の棒で殴られ、口の中に銃口を入れられた」

ミコラさんは兄弟と一緒に意識を失うまで拷問された。目隠しをされ、手足をテープで縛られ、5人のロシア兵に連れられて軍用車で荒涼とした土地に運ばれた。目隠しされたままひざまずかされ、その間に穴が掘られた、とミコラさんは話した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]