フランスの新首相にボルヌ氏 女性は戦後2人目、30年ぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しく首相に指名されたエリザベット・ボルヌ氏/Christophe Ena/AP

新しく首相に指名されたエリザベット・ボルヌ氏/Christophe Ena/AP

パリ(CNN) フランス大統領府は16日、マクロン政権2期目の新たな首相にエリザベット・ボルヌ労働相が任命され、組閣を命じられたと発表した。

これに先立ち大統領府は同日、2020年7月から首相を務めたカステックス氏が辞表を提出したと発表していた。

同国で女性が首相になるのは、ミッテラン政権下の1991年5月~92年4月に在任したクレッソン氏に続く戦後2人目で30年ぶり。

マクロン大統領は先月の大統領選で再選を果たした。ボルヌ氏はマクロン政権1期目で交通担当相、環境相も歴任した。

同氏は16日の就任式典で、「すべての小さな女の子」に「どこまでも夢を追い続けて」と呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]