ウクライナ奪還のイルピンで民間人290人の遺体発見、市長発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3月下旬の爆撃で破壊されたイルピンの自宅前で佇む女性/Emilio Morenatti/AP Photo

3月下旬の爆撃で破壊されたイルピンの自宅前で佇む女性/Emilio Morenatti/AP Photo

(CNN) ウクライナの首都キーウ(キエフ)郊外の町イルピンで、ロシア軍撤退後、民間人290人の遺体が発見された。イルピン市長のオレクサンドル・マルクシン氏が2日に明らかにした。

米SNSフェイスブックでの発表によると、死者185人の身元が確認され、その大半は男性だった。死因は「榴散(りゅうさん)弾と銃創」とのことだ。

マルクシン氏によると、死者のうち少なくとも5人は脳損傷と飢餓に苦しんでいた。また、高層ビルの庭と児童発達センターの敷地内で住民5人が射殺された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]